Haoちゃんのひとり言

2013/07/14

SNS連動型集客モジュール・新製品「potto」について(3)
ターゲット層について

最近、お客様と話をしていると「アプリなんてまだまだ普及してないでしょう?」、「スマホなんて年齢層の高い人は使ってない」と言われます。でも、スマホの普及率は実際には世帯ベースで54.7%(2014年3月末時点 2014年4月17日付内閣府発表消費動向調査)と余裕で半分を超えています。世帯ベースなので、個々人の実際の普及率はもっと高くなるでしょうね。

10代、20代の女性に至っては、普及率は80%(2014年2月25日 ビデオリサーチインタラクティブ発表)を超えています。
みなさんがどのようなお客様を対象とされているのか?を想像していただければ、スマホでうまく集客しておく必要性を感じられると思います。

「うちのお客様は、シルバー層が多いから・・・」という話もよく耳にします。ただ、これは正しいのでしょうか?

「現場主義」って必ずしも正しくないと思います。お店のある周辺の世帯をくまなく調べてみると、意外と若い世代の家庭も多かったりします。けれど、来店されるのは、昔から来られている古くからのお客様、そしてシルバー層。

それだからといって、「スマホでサービスをしない」というのは違うと思うのです。お店が若い人を受け入れるようになっていない事も一つの要因かもしれませんが、若い人が楽しめるものがなければお店のお客様の世代交代も進まないと思います。

ちょっとエラそうに書きましたが、これはセブン&アイの伊藤敏文会長の受け売りです(笑)。

「potto(ポット)」とそっくりなサービスを実はイオンさんがやられていました。
イオンスマートクラブ(http://www.aeonretail.jp/otoku/smartclub/)。
ほら!もう、イオンさんはSNSから集客してますよ!

みなさん、私たちと一緒に当社のソリューションを使って、集客で負けないようにがんばっていきましょう!

Page top