Haoちゃんのひとり言

2013/04/24

SNS連動型集客モジュール・新製品「potto」について(1) 「potto」の由来

2014年2月20日に当社の新製品「potto(ポット)」をリリースしました。 リリース直後から3週間足らずで、大手企業を中心に20社以上のお問い合わせ、面談希望をいただいています。

「potto」って何?という方、まずはこちらをご覧ください。
http://potto.jp/

さて、この「potto」。どのような想いでネーミングをしたのか、名付け親である私が紹介させていた だきます。

Point Of The Target Optimization (ターゲット顧客最適化時点管理システム)
People Online to Offline and Offline to Online (onlineとofflineを行き来する)

この頭文字をとって「potto」。

「potto」には、①オムニチャネルマーケティングに不可欠な時間を超えた顧客へのアプローチ、②マルチチャネルマーケティングではできなかった顧客の一元管理と優待プログラムの最適化、③スマホ時代に欠かせないSNS連携による顧客の来店頻度への貢献、この3つの側面を持たせています。

そして、「potto」の文字列の中心にある「tt」は、「onlineとofflineの間を仲よく人が行き来するように」という意味合いも含んでいます。みなさん気づいていただけましたか。

「POS(Point of Sales)」と言えば、業界にいる人ならすぐにピンとくるように、「potto」も業界標準の言葉になってもらえたら良いと思います。つまり、「同じ様なコンセプトのソリューションは『potto』だ」と言えるように成長していって欲しい。

そして、密かに「『potto association』なるものを世界規模で作っていきたい」という野望を抱いて います。

(続く)

Page top