ハウスポイントとは

販促に不可欠な属性情報を取得

point+plusは、ハウスポイントと呼ばれるポイント機能を搭載しています。ハウスポイントとは、自社店舗(ブランド)でのみポイント発行や利用が可能な独自のポイント制度です。
取得したお客様の消費行動の履歴や属性情報をもとに販売促進につなげることができるため、顧客の囲い込みにも有効です。

ポイントシステムについては、ハウスポイントと共通ポイント(加盟店舗間でポイントをためる・使うことができる)の2種類がありますが、ここではハウスポイントの導入メリットについてご紹介します。

共通ポイントを導入した場合
ハウスポイント(=point+plus)を導入した場合
  • 顧客属性や購買履歴などの情報は、共通ポイントシステム運営会社が所有します
  • システムを導入する加盟店側では、それらのデータを取得できないため、販促に活かすことができません
  • 顧客属性や購買履歴などの情報は、ハウスポイント導入企業様が所有します
  • 取得した情報をもとにセグメントし、ターゲットに合わせたキャンペーン等の販促を行うことができます

低コストの運用が可能

ハウスポイントの場合、自社のシステムとして導入いただけるため、共通ポイントシステムに見られる加盟店手数料を支払う必要がありません。一方、共通ポイントの場合、共通ポイントシステム運営会社へ手数料等の支払いが生じます。

共通ポイントを導入した場合
ハウスポイント(=point+plus)を導入した場合
  • ポイント発行費用がかかります
  • エンドユーザが使用した分のポイント利用料の受け取ることが出来ます。但し、手数料等が差し引かれるため、ポイント発行数が増加すればポイント経費の負担が増加します。
  • ポイント発行費用がかかりません

共通ポイントシステムは、加盟店間での相互集客が見込めるメリットはありますが、導入企業さま独自の販促施策により既存客のロイヤリティや単価アップを図るには、ハウスポイントの導入が有効です。

ポイントカード・ギフトカード・プリペイドカードの作成、導入は「point+plus(ポイントプラス)」

ポイントカード・プリペイドカード・販促カード・ギフトカード・メンバーズカードの作成、導入は「point+plus(ポイントプラス)」をご検討ください。ポイント機能にプリペイド機能、ギフトカード機能を追加できます。ECサイト(コマースサイト)を運用している場合には、コンビニエンスストアでネットで利用できるプリペイドマネーの販売ができます。ぜひご相談ください。
Page top